【真セレド・ボス】でも、ゾウさんの方が…

新セレドのストーリー「生と死の重なるとき」のボスを倒しました。
パーティは僧(自分)、魔、賢、僧で、レベルはいつも通り50です。
今回はなんと57分にもおよぶ長時間バトルでした。

※↑の写真は 前回 の試練の門を突破後そのまま突入して負けた時の物です><

スポンサーリンク

まずは、負けたときの話

パーティはパラ、魔、僧、僧でした。
ヘヴィチャージウェイトブレイク を使えば簡単に押せるし、通常攻撃も普通に耐えるので案外楽勝かと思ったら、 はげしいおたけび で一発KOされてしまい、蘇生までの間がピンチに…
また、 マホカンタ 対策もなく、使われてしまうと消えるまで攻撃手段がなくなります。

結構粘ったけど、途中で立て直しに失敗して負けました。

状況の整理と対策

邪教祖サダク の攻撃パターン

  • 通常攻撃
    • 1回の攻撃で2回殴ってくる
    • つまり 聖女の守り は効かない
  • はげしく切り裂く
    • 弱攻撃を4回
  • はげしいおたけび
    • 250-300くらいのダメージ
    • 転ぶ(転びガード不可)
  • のろいの言霊
    • 最大HP低下の呪い
  • マヌーサ
  • マホカンタ

邪教祖サダク の耐性

(戦って感じた物なので、正確ではないよ)

  • 闇耐性
  • 攻撃力低下は効きづらい
  • 守備力低下は効きづらい
  • 重さ軽減はそこそこ効く

対策

  • 呪いガードは必須
    • 魔法使いは杖、攻撃魔力優先
  • 物理攻撃なら幻惑ガードが欲しい
  • 呪文攻撃なら 零の洗礼 が欲しい
  • 敵物理攻撃が全て多段攻撃だから ビッグシールド があると良いね
  • 転びガードはいらない(ガードできない)

転びガード 100%で普通にこけました。↓

パーティ構成

サポ僧侶以外は普段結晶装備に使っているやつを使っているので、錬金は適当です。

  • 僧侶(スティック):自分
    • 聖女の守り 、蘇生、MP管理を優先
    • どうしてもヒマなら 聖なる祈り を使う
    • 盾に呪いガード 90% : 手抜き
  • 魔法使い(両手杖)
    • 作戦を変えながら攻撃と補助を行う
      • ガンガンいくわよ魔力かくせいメラミ
      • わたしにまかせてヘナトス
    • 呪いガードなし
  • 賢者(両手杖)
    • バッチリがんばれ零の洗礼マホカンタ 解除
    • からだ上に呪いガード 93%
      • 敵の闇耐性で ドルクマ のダメージが期待できないため
  • 僧侶(スティック)
    • 回復と スクルト 担当
    • 聖女の守り はたぶん使ってくれない
    • 呪いガード 100%

戦い方

魔法使いを わたしにまかせて にして ヘナトス を1回入れるのが最優先です。その後、残りのMPに合わせて ガンガンいくわよ or バッチリがんばれ に変更。( バッチリがんばれ でも ヘナトス1回だけ 使ってくれるケド、残りMPが少ないと マホトラ を使ってしまうため、ずっと バッチリがんばれ だと攻撃頻度が下がってしまう)

自分は 聖女の守り を全員に使って はげしいおたけび に備えます。 ヘナトス 2回と スクルト 2回が入れば はげしいおたけび 以外で倒れることがなくなるので安定します。

なお、敵の攻撃は強力な単体攻撃が中心なので、HPを回復しても1撃でやられてしまう可能性があるため、回復より蘇生が優先です。頭数増やしているうちにサポ僧侶が祈り ベホマラー 入れてくれます。あと、こうすることで自分が 聖なる祈り を使わなくてすむため、すこし考えるべき事が減ります(普段僧侶メインじゃない場合はコレが重要)。

ダメージソースが魔法使いの メラミ しかなく、魔法使いが補助も行うので、倒すのに時間がかかりました><

スポンサーリンク

シェアする

フォローする